「第44回別海町産業祭」が9月14日(土)、15日(日)に別海町農村広場で開催され、別海ジャンボホタテバーガーの販売を行いました。

 日曜日には、「別海ジャンボホタテバーガー早食い競争」、「別海ジャンボホタテバーガー大食い競争」のアトラクションが行われ、たいへん盛り上がっていました。

 釧路新聞で報道がありましたのでご覧ください。

じゃんぼみるく (2013年9月16日 23:28)

H25jumbohotate-hokkimatsuri.jpg
 明日5月19日(日)は、第4回の「別海町ジャンボホタテ・ホッキ祭り」です。

 別海ジャンボほたてバーガーも登場予定です。

 なんといっても、活ホタテ、活ホッキが安い!

 そのほか、おいしいものがいっぱい。

 すべての調理品、加工品は、別海町の食材を使っています。

 ぜひお誘い合わせの上でご来場ください。

じゃんぼみるく (2013年5月18日 19:23)

【出水】南日本新聞フェリア表紙.JPG
 ご覧の記事は、南日本新聞が発行する情報し「フェリア」。

 表紙の特集は、鹿児島県出水市の新・ご当地グルメ「いずみ親子ステーキごはん」を普及する「いずみ親子メニュー推進協議会」の会長、松木京子さんです。

 まだ35歳と若く、お母さんと二人で人気店を切り盛りする彼女。

 出水市のために、出水市の養鶏業者のために、地域貢献に取り組んでいます。

 別海町と出水市は相当な距離ですが、離れていても共通する食による観光まちづくり運動にこれからもともに切磋琢磨したいと考えています。

じゃんぼみるく (2013年2月15日 18:58)

十勝毎日新聞2月2日号(芽室GP成功へ協力要請).JPG
 今年の7月6日、7日に開催される「新・ご当地グルメグランプリ北海道」。

 過去3回は、別海ジャンボホタテバーガーの3連覇となり、私たちは殿堂入り。

 4回目は、食の大地「十勝」に会場を移して行われます。

 舞台は、スイートコーン日本一のまち「芽室町」。

 すでに、芽室町では地元有志の実行委員会が活発に準備を進めています。

 今回は、隣町の清水町にグランプリの協力要請。

 松山実行委員長が「過去最大の盛り上がりとなるよう」十勝清水牛玉ステーキ丼地域活性化協議会にPR等の協力要請をしたものです。

 過去3回のグランプリを獲得した別海町。「チーム別海」として本気でぶつかっていくことが芽室GPを盛り上げることにつながると思います。

じゃんぼみるく (2013年2月 4日 13:42)

 パクロス。
 ひさしぶりに目にしました。

 最新の2013年2月号にびっくり情報。

 興奮して別海ミルクガールばななが、別海ミルクガールレモンに写真をみせていたので提供してもらいました。

 なんと、ミルクガールが問題に登場。

 こんなことあるんですねー。

 全国でパクロスをやっている人は、初めて聞いた人が多いでしょうね。別海町。
 ぜひ、これを機会にネットで検索して遊びに来てください。
 観光パンフレットのお取り寄せはこちら!→別海町観光協会

パクロス2013年2月号中身①.JPG
 

じゃんぼみるく (2013年1月19日 10:03)

感想レポート